招き猫先生の『ことちか日記』H30 4/9

本日は「対面式」が実施された。
画像は1536名が一堂に会した第一体育館である。
これが「チーム日大2018」である。

対面式における力野校長の話に
ここで皆さんに特に意識していただきたいことを申し上げます。それは理科の分野における「化学反応」ということについてです。空気中に含まれている窒素は無害な気体です。しかし、その窒素がある三つの水素と結びつくと有害なアンモニアという物質に変化します。また、窒素が多くの酸素や水素、炭素とくっつくと昆布などに含まれる旨味(うまみ)成分となり、人間にとって有益で良質なものに変わるのです。これを人間に置き換えてみると、一人一人はそれぞれに価値のある素晴らしい存在であってもその関わり方次第では良い方向に向いたり、悪い方向に向いたりしてしまうと言うことです。
という内容があった。
新入生諸君が、新学級になった在校生諸君が、良質の化学反応を見せてくれることを切に願う次第である。

それともう一つ、力野校長が語った、
「過去は変えられないけど未来は変えられる」「変化しようと頑張っている人を笑ってはいけない。」というフレーズは新入生のみならず、在校生にとっても肝に銘じてもらいたいものである。このセリフを力野校長が発した瞬間、体育館の中の生徒諸君の表情が「ぴしっ!」引き締まったように感じたのは吾輩だけではあるまい。

今の長崎日大には、大切な言葉を大切なものとしてしっかり受け止め、自分なりに考えて行動できる基盤が整っていると確信した瞬間であった。


本日はここまで。

 

ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!