招き猫先生の『ことちか日記』R2 2/12

昨日のことである。
長崎市街を一望できるで非常に慶ばしい催しがあった。

日本大学法学部OBで、現在も日本大学校友会長崎県支部長を務めていただいている村木榮介氏の「旭日双光章」受章記念の祝賀会が行われたのである。

ご存じの方も多いと思うが、村木先輩は、長崎では知らぬ人はいないと断言できる老舗のホテル「矢太樓(やたろう)」の経営者である。

約半世紀に渡り、長崎のホテル・旅館業、観光業のみならず、多方面に渡ってのご尽力が高く評価され、今回の受章となった。

長崎県知事、長崎市長からのご祝辞に始まり、華やかかつ心温まる祝賀会であった。

さらに、余興の中国の伝統芸能である「変面」は、吾輩初めて間近で見たのであるが、とんでもなく素晴らしいものであった。

「長崎日大」にとって心強い存在である村木先輩の受章を心からお慶び申し上げたいものである。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!