平成30年度1学期始業式を実施

『平成30年度1学期始業式を実施』

 

平成30年度、いよいよ幕開けとなりました。

4月6日(金)第一体育館にて1学期始業式が行われました。力野孝典校長は初年度の挨拶として、「新年度のスタートに向け、大きな目標を見定め、新たな決意を持つことが大切である」と語る中で、今年2月に開催された冬季オリンピックスピードスケート女子500m競技にて日本中から「金メダル確実」と騒がれながら、そのプレッシャーの中で見事に勝利した小平奈緒選手が大会終了後のインタビューの中で答えた「勇気とは覚悟です」との言葉を例に挙げ、『どのような結果になろうとも、その現実を受け入れる「覚悟」を持って、日々の勉強や部活動に励んでください』と、決意を貫く大切さを伝えました。生徒たちは、新年度に向けて気持ちを引き締めていました。

 

 その後、至誠推進主任の肥田先生より、「チャレンジ日大 なりたい自分になれる日大」と題し、新年度の挨拶と講話がありました。まず、大学合格状況、スポーツ界で活躍する先輩たちの様子が紹介されました。生徒は勇気と希望あふれる話に身を乗り出して聞き入っていまいた。次に夢を支える先生方の紹介です。とくに、今年はチャレンジ日大!ということで、肥田主任自ら「チャレンジ私!」と題し、96kgあった体重を53kgまでダイエットし健康になられた体験談を話されました。笑いと感動の中に「なりたい自分になれる日大!」は本当だと、生徒の心が動いた素晴らしいスタートになりました。

 

 

 

心が動けば行動が変わる 

行動が変われば性格が変わる 

性格が変われば人生が変わる 

日大でチャンスの神様を見つけてください。精一杯サポートさせていただきます。