中学3年生 GEP研修旅行に行きました

12月5日~9日の5日間、中学3年生はGEP研修旅行に行きました。

はじめに訪れたのは広島市。広島県内でも標高が高い場所に宿舎があり、銀世界が広がっていました。

GEP研修は、広島大学の国際学生との交流をします。会話はすべて英語。それでも積極的にコミュニケーションをとり、学生の出身国について話し合ったり、6ヶ月準備してきた英語によるプレゼンテーションを全員が発表したりしました。

語学研修を終え、広島市内では各クラス男女6グループに分かれ、広島市平和公園・原爆資料館を訪れました。ボランティアガイドの方に案内していただきました。どの生徒もよく話を聞き、よく見学し、各々が長崎との違いや当時の様子について学びました。呉市の大和ミュージアムにも訪れ、平和について深く考えることもできました。

 

その後、宮島・厳島神社、岩国・錦帯橋、秋吉台・秋芳洞の観光を経て、最終日は山口県萩市。日本大学学祖 山田顕義先生生誕地「顕義園」を訪れ、萩市内班別自主研修です。松下村塾・萩反射炉・萩城下町などの世界遺産をはじめ、全18班が各々で事前に計画した萩市内観光計画に沿って行動しました。

語学研修、平和学習、市内自主研修など、中学3年生にふさわしい、実り多い研修になりました。